tadashiro’s blog

夫婦落語研究会

夫婦落語研究会めおとらくごけんきゅうかいは、
夫婦2人だけの(自称)落語研究会です。
よろしくお願いします。

雪の間に福寿草

f:id:tadashiro:20190415181704p:plain

4月に入ったというのに、また雪が降りました。

北海道では珍しいことでもありませんけど。

 

朝、綿のような雪が残っていたので、写真を撮ってみました。

f:id:tadashiro:20220403160905j:plain

4月の雪①

f:id:tadashiro:20220403161025j:plain

4月の雪②

f:id:tadashiro:20220403161122j:plain

4月の雪③

 

気温はそれほど低くはなく、街へ買い出しに出かける頃にはほとんど雪が溶けていたので、寒がりの妻も少し春っぽい服装で出かけてみたのですが、まだまだ風は冷たくて後悔しました。

道産子たちは完全に春の装いで歩いていましたけど。

 

さて、買い物から帰ってくると、残っていた雪の間にフクジュソウを見つけました。

まだ開ききってはいませんが、開花しています。

f:id:tadashiro:20220403162010j:plain

雪の間のフクジュソウ

f:id:tadashiro:20220403162043j:plain

雪の間のフクジュソウ

f:id:tadashiro:20220403162108j:plain

雪の間のフクジュソウ

f:id:tadashiro:20220403162137j:plain

雪の間のフクジュソウ

フクジュソウがあったせいで雪が積もりにくかったのか、フクジュソウの周りの温度が高くて雪が溶けたのか、理由は分かりませんが、フクジュソウの周りだけ雪がありませんでした。

いずれにしろ、雪に負けずに春を呼び寄せようとしているみたいで、たくましさを感じます。

 

そして、たしか去年も同じようなことを書きましたが、道産子とフクジュソウはまるで示し合わせたかのように同じタイミングで春を先取りするようです。

東京生まれの妻はなかなかついていけず、また冬の服装に逆戻りです。

初夏寄りの春物を着られる日はいつになることやら。